増税前の今、買うべき身のまわり10アイテム!【2019年10月消費税が10%に】

増税前の今、買うべき身のまわり10アイテム!【2019年10月消費税が10%に】

2019年10月1日からこれまで8%だった消費税が10%に増税されますね。

増税が近づくと今のうちにあれこれ買いだめしておきたいものもあるのではないでしょうか。

今回は2014年に消費税が8%になったときの資料をもとに、増税前に買うべき身の回りのアイテム10を紹介します。

消費税の増税前に買うべきもの10アイテム

増税のタイミングで買いものをして失敗するのは、賞味期間の短いものや今はいらないものを大量に買ってしまう事です。極端な話、生ものを買ってしょうがないですよね。

ですので長く置いておいても変化しない、価格が安定しているものを買いだめしておくのがおすすめ。

たとえば2014年に8%に増税されたとき、楽天市場で売り上げが上がったのが次の商品です。

1)美容・コスメ・香水
2)キッズ・ベビー・マタニティ
3)コンタクトレンズ・ ケア用品
4)パソコン・周辺機器
5)キッチン家電
6)ペットフード・ ペット用品
7)車用品
8)衣料品
9)シューズ
10)生活家電

それぞれを見ていきましょう。

1)美容・コスメ・香水

シャンプーやリンスをふくむコスメは、消費期限が長いのでストックしやすい商品です。まれにスキンケアで消費期限が短いものがありますので、買いだめする前に確認をしておきましょう。

2)キッズ・ベビー・マタニティ

キッズやベビーの洋服はサイズを大きくしていかないといけないので、後に必ず買うことになる品です。大きめのサイズの下着やジャケットなど買い置きしてるといいでしょう。

紙おむつは消耗品なので、なるだけ安く買いたいもの。サイズを確認して多めに買っておくといいでしょう。

マタニティグッズはそう何回も使う事はないアイテムないし、必要なものなので今のうちに買っておくのが◎。

3)コンタクトレンズ・ケア用品

コンタクトレンズは処方箋の有効期限があるので1年分しか買えませんが、1年分となると額も大きいので増税前に買っておくのがいいですね。ケア用品も消費期限が1年はあるので買い試しておいていいでしょう。

4)パソコン、周辺機器

周辺機器は必要なものがあるなら、増税前に買っておくといいでしょう。パソコンは正直微妙です。値段の上下が激しいし、セールも定期的に行われています。

それに2020年1月ごろにはWindows7のサポートの終了が決まっているので、年末年始のセールでWindows7モデルの在庫を一掃するための大々的なセールがあるかもしれません。今欲しいパソコンがあるなら増税前でもかまいませんが、2%をセーブするためだったら少し考えてみた方がいいです。

店頭にって店員さんに根掘り葉掘り聞いてみたり、リサーチをしてみましょう。

5)キッチン家電

冷蔵庫や高級なオーブン、レンジなど値が張るものは増税前の方が節約できます。最新式にこだわらないなら、増税特需を狙ったセールでかなり安く買えるかもしれません。家電メーカーのチラシや、通販サイトをこまめにチェックしましょう。送料無料、設置無料、高価下取りなどの付加サービスがあるなら買いですよ。

6)ペットフード・ ペット用品

ペットフードやペット用品はセールの割引率も低いし、価格が下がることもほとんどないので増税前に買うべきアイテムのひとつです。犬小屋や猫のトイレ、ハムスターのケージが古くなってるなど、そろそろ買い替えようかなーというペット用品があるなら増税前に。ペットフードもかならず買うものなので、増税前に買いだめしておくのがいいです。

7)車用品

車用品はかなり長くストックしておく事ができるので、買おうと思っていたものは増税前に買うべきです。タイヤは高いので交換時期が近づいているなら今のうちにやっておくといいかも。

8)衣料品

10月で増税ですので、冬服をあとで買うと10%の消費税を払うことになります。お目当ての服があるなら増税前に。真冬の寒さ対策の下着や靴下なども増税前に買うべきです。家族が多いと金額も変わってきますよ。

9)シューズ

子供は足が成長するのでなかなか増税前にという訳にはいきませんが、大人は足のサイズがそんなに変わらないのでブーツや高価な靴を買う予定があるなら増税前の方が節約できます。クロックスのようなサンダル系もおいておいても腐るものでもないので買っておいてもいいですね。

10)生活家電

生活家電はしょっちゅうセールをやっているので、増税前に買って節約できるかといえばちょっと疑問です。特に型落ちするテレビなど、型落ちセールの方で安く買える可能性大。2020年のオリンピックを大画面でたのしむんだ!という人で最新式でなくてもいいなら増税前の型落ちセールを狙うと安く買えるかもしれません。

あと、風邪薬頭痛薬もよく使う人は買っておくといいですね。トイレットペーパーやティッシュペーパーはかさばるので場所を取るし、スーパーの目玉商品としてよくセールになっているので買い貯めしておく必要性は少ないように思えます。

食料品は8%の据え置きですが、お酒とたばこは増税されます。たしなむ人は長持ちするのでたくさん買い置きしておくのもいいでしょう。

そのほか増税前に買っておきたいモノ

そのほか増税前によく売れた”意外なもの”が次の商品です。

・アロマ・お香
・弁当箱・水筒
・仏壇・仏具・神具
・ アート・美術品・骨董品・民芸品
・オフィス家具
・ 防災関連グッズ

傾向的に、「欲しいと思って買ってなかったけど、消費税が上がるんだったら今のうちに買っておこう」という心理が見え隠れする商品が多いですね。また仏壇用品やアロマなどは何年間も取っておけるし、小さくかさばらないし買い置きに◎。

防災関連グッズは家族分買うとなると数万円はかかって来るので、増税前に買っておくのは節約になります。

消費税増税前に買うべきもの まとめ

増税額たった2%、されど2%。節約できるならなるべく節約したいですよね。

ストックできるものは増税前に買うことで節約できますが、だからと言って大量に買っておく場所がない、期限内に消費しきれない、なんてことになっては本末転倒です。

なにが必要で必要でないか、増税前にリストアップしてみると把握できてムダな出費が防げます。身の回りをちょっと見まわして増税前の買いものをチェックしてみましょう。

※この記事の執筆は2019年7月23日付です。これ以降、消費税に関してなんらかの変更があるかもしれません。消費税の最新情報は次の公的機関のウェブサイトにてご確認ください。
国税庁[https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6102.htm]
財務省[https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/d02.htm]

コメント