【高級 本物】本当においしいオリーブオイルに出会った!(ギリシャ産フシコス)

こんにちは!お料理大好きスタッフMです(^v^)

オリーブオイルってハマると色んな料理に使いたくなりますよね!でもって、もっと美味しいのないかな~ってついつい探してしまいませんか?

そんな方にっ!本当に美味しい本物のオリーブオイルを紹介します。

フシコス エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルのギフトボックスの写真

こちらはギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル「フシコス」です。

オリーブオイルを4か月間もかけてじっくりとコールドプレス抽出し、できあがったオイルは空輸ですぐに日本へ直送するというこだわりで鮮度はバツグン。

オリーブ特有の苦みが少しあるけど、口には残らずサラリとノドごしがよく生食でもOK。「一度食べるとほかにはいけない!」と口コミでも人気の高級で本物のオリーブオイルです。

>>ギリシャ産エキストラヴァージンオリーブオイル フシコス

【フシコス】エキストラバージンオリーブオイルの口コミ

フシコスのエキストラバージンオリーブオイルを使ってみたので口コミしますね!

フシコスはビン入りと缶入りのオリーブオイルがあります。こちらは200mlの缶入り。お試しにちょうどいいサイズです。

【高級 本物】本当においしいオリーブオイル ギリシャ産フシコスを手に持った写真

「ポアラー」という専用の注ぎ口が付いてきます。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの注ぎ口 ポアラーの写真

たぶん、オイルを出しやすくするための穴。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの注ぎ口 ポアラーの写真

これを缶にセットします。まず缶フタを開けます。金属のフタマニアとしてはこのシャープさがたまりません。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの缶のフタの写真

金属のふたを開けるとプラスチックのキャップがあります。しっかり空気が遮断されていますね。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの缶のフタの写真

キャップを外したところ。
フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの缶のキャップを外したところの写真
ここにポアレーを差し込みます。ちょっとだけ固いのでまずはキュキュッと差し込みます。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの缶のポアレ―を差し込んだところの写真

そのあと、ぎゅーーっと差し込みます。
私は缶のわきを手でグッと抑えていたので、ポアレ―の小さい穴からオリーブオイルがピュッ!!っと飛び出してしまいました・・・せっかくのオリーブオイルがもったいなかったです(;-;)

みなさん、ポアラーを入れるときは気をつけましょう。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの缶のポアレ―を差し込んだところの写真

さて、缶をかたむけてオリーブオイルを出してみます。うーん、本格的♪

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルをポアレ―からお皿に出している写真

おぉ!!とてもきれいなイエローグリーン!もっと出してみます。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルをポアレ―からお皿に出している写真

とてもきれいな色をしています。写真よりも実際はもっとグリーンがかっています。
香りは特に強くはありません。ほんのすこーーし草っぽい香りがする程度。

では、実食します。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルをスプーンですくって食べてみる画像

そのまま舐めてみました。口に入れた瞬間は「うん、オイルだね。」そしてそのあとすぐに、苦み?渋み?のようなものを感じます。

「おっとー、オリーブきたーっ!!」

で、その苦み?渋み?はサーッと引いていきます。そして爽やかなあと味に。

イタリアンが大好きなのでたくさんのオリーブオイルを試してみましたが、フシコスのようなオリーブそのものを感じたのは初めてです。

>>ギリシャ産
エキストラヴァージンオリーブオイル
フシコス

フシコスを季節の野菜やパスタにしてみた

さっそく夏野菜やパスタに使ってみました。

まずはわが家の畑で元気に育っているオクラに。ブラックペッパーと岩塩をかけて。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルをオクラにかけた料理の画像

オクラのシャキシャキ&ネバネバと岩塩とオリーブオイルが絡みあってうまうま♪

つぎはトマトときゅうり、そしてハムにかけて、ハーブ岩塩をパラり。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルをきゅうりとトマトにかけた料理の画像

ポアラーからどのくらいオイルが出るか分からなくて、ドバーっとかかったけどこれがかえって美味しかった!岩塩は多めにしたらさらにうまし。

ポアラーはなれないと量の調節がむずかしいです(;´д`)

フシコスは「クレタ・シラキス」という福岡の会社が取りあつかっているという事で、明太子パスタにもしてみました。

オイルを多めにかけてもサラッとしてるので美味しくいただけましたよ!

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルを明太パスタにかけた画像

こうしてアップで見ると、オイルがとってもグリーンですよね。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルを明太パスタにかけた画像

パスタにからめるとおいしいですよー!!塩気は気持ち多めの方がオイルのおいしさが引き立つような気がします(^^)

今度はバゲットを買ってきて、レバーペーストやアンチョビーと食べてみたいですね。

高級感のあるオリーブオイルなので、パーティの席に缶ごとおいて演出するのもよさそうです。カルパッチョやアヒージョ・・・あぁ~料理魂に火をつけてしまう、罪なオリーブオイルです(笑)

>>ギリシャ産
エキストラヴァージンオリーブオイル
フシコス

作っているのはギリシャクレタ島のファミリー

フシコスはどんなところでだれが作っているのか紹介しますね。

フシコスを作っているのは、ギリシャのクレタ島というところのシラキスさん一家。なんと700年も前からオリーブを育てている、めちゃくちゃ歴史の長いオリーブ農家さんです。

ギリシャ クレタ島のオリーブオイル畑の写真

ギリシャ クレタ島 オリーブオイル畑

育てているオリーブの品種は、ギリシャ固有のコロネイキ種という種類が100%。

コロネイキ種というのは1,000種類以上あるオリーブ品種のなかでもとりわけ「**オレイン酸」「**ポリフェノール」をたくさん含んでいて、もっとも酸化しにくい品種です。

シラキスさんのオリーブオイルは、ヘルシーな品種と特徴的なつくり方で、美味しいオリーブオイルとなっています。

**オレイン酸は「一価不飽和脂肪酸」ひとつ。摂取する飽和脂肪酸の一部を一価不飽和脂肪酸に置き換えると、LDL(悪玉)コレステロールを減らす(心疾患のリスクを下げる)ことも報告されています。
※脂質と脂肪酸のはなし – 消費者庁より
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/trans_fatty_acid/pdf/100910_3.pdf

**ポロフェノールは、活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質。
※厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネットより
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-009.html

4か月間かけてオリーブオイルがでてくるのを待つ製法

オリーブの実のイメージ写真

シラキスさんのオリーブオイルの作り方はの特徴はとにかく時間をかけること。

一般的なオリーブオイルの作り方は、

1.オリーブの実をすり潰してペースト状
2.練って香りの成分をしつつオイルとして搾油ができるようにする
3.さいきん主流の「遠心分離法」でオイルを抽出

という方法。オリーブオイルは収穫から搾油までをできるだけ短時間で行わないと酸化が進んで品質を大きく変化させる、と言われています。

だけど「フシコス」のオリーブオイルはちょっとちがいます。
まったく”短時間”じゃありません。

収穫したオリーブを12時間以内に洗って砕き、ペースト状になるまで撹拌(かくはん)し、そのあと、光・空気を遮断し、温度管理されたタンクに入れます。

ここまではよく聞く「コールドプレス製法」といっしょ。

コールドプレスで4か月もかける製法

それからなんと4ヵ月も放置し、くだけた果肉や皮、種などがタンクの底の方までゆっくり落ちていくのをじーーーーっと待つのです。

で、透明なうすみどり色の液体が上部にたまってきたところで、はじめて出来上がり。

これが「フシコス」のエキストラヴァージンオリーブオイルの作り方です。工場でチャチャッと大量に生産するとは工程がちがうのですね!
まさに手作りのオリーブオイルです。

>>ギリシャ産
エキストラヴァージンオリーブオイル
フシコス

「フシコス」がちょっとお高い理由

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの同封パンフレットの画像

「フシコスのオリーブオイルはとっても美味しいけど、値段がふだん使いにはネックになっている」という口コミは少なくありません。

たしかに「200mlで3000円」は自宅で毎日使うには、思い切らないとなかなか手が出ないお値段ですよね。ぶっちゃけ高いです。

なぜフシコスのオリーブオイルの値段設定が高めかというと、先ほど説明したようにていねいな製造法で時間がかかるのと、あとギリシャからの空輸にしているからです。

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの同封パンフレットの画像

たいていのオリーブオイルは産地の海外から船便で来るので2~3か月かかって日本まで来ますが、空輸だとたった1日。輸送の間にオイルの品質が落ちるのを考慮してシラキスさんが空輸にしたんですね。

(ちなみにオイルを日本で売っているのもシラキスさん一家のシラキスさんです。福岡に在住されているようです。)

お歳暮やお中元、プレゼントにピッタリ

フシコス ギフトボックスの写真

フシコスは、パッケージもボトルや缶のデザインがとってもオシャレで高級感があるので贈りものにピッタリ。

特にキッチンや食にこだわりを持っている人、お料理好きな人はテンションが上がるのまちがいなし。ギフトセットもありますよ。

ギリシャ産高級オリーブオイル「フシコス」まとめ

フシコス ギリシャ産エクストラバージンオリーブオイル 高級なオリーブオイルの缶とポアレ―セットの画像

ギリシャで大切に大切に製造されたフシコスのエキストラバージンオリーブオイルは、食生活を豊かにしてくれる本物のオリーブオイル。

決して安くはないですが豊富なオレイン酸とポリフェノールをサプリメント的な感覚で毎日の食事に取りいれるとしたら、高すぎことはないんじゃないかなーと思います。

「いいオイルを食べている」という満足感が得られるのもうれしいところ(^^)たまのゼイタクで自分へのご褒美にもいいかも!

目にもココロにも体にもやさしいのが、クレタ・シラキス社の「フシコス」です。

>>ギリシャ産エキストラヴァージンオリーブオイル フシコス

コメント