巻き寿司「博多巻き」の作り方

福岡の叔母が作ってくれて以来、ドはまりしている「博多巻き」を紹介します。

「博多巻き」って聞いたことありますか?

叔母が作ってきてくれて初めて知ったのですが、これ、ググっても正確な情報がないんですよね。

叔母も、どこから聞いてきて作ったのか覚えてないって言ってたので、由来などの詳細は不明なのですが、そんなことどうでもいいくらい、このお寿司めっちゃくちゃおいしいんですよ!

なんで今まで知らなかったのぉぉぉ~!って叫びたくなるくらい美味しいです。

なのでみなさまにも作り方をシェアしたいと思います。

巻き寿司「博多巻き」の作り方

具材:
・刺身にできるアジかサバ⇒しめる
(3枚下ろしにした身をたくさんの塩でしめ、だし昆布に挟んで酢につけたもの)
・大葉
・小口切りのあさつき
・一味唐辛子
・ガリ(一緒に巻きます)

・酢飯
・海苔

作り方:
しめ鯖、しめ鯵は自分の好みのしめかたでOK 。私は光モノが苦手なので、しっかり白くなるまで締めます。そうすることで生臭さが減少します。

しめた魚を5mm幅に切っておきます。

ガリはそのままで、水気を切っておきます。

海苔の上にご飯を広げ、
大葉→ガリ→魚→一味→あさつきの順に乗せていきます。量は写真を参考にしてください。

しっかりと巻き上げます。

以上で出来上がりです。具をあまり詰め込み過ぎずないのがコツです。
小ぶりの巻物にしあげましょう。

ワサビは入れていないので、ワサビ好きな人はワサビを付けながら食べると美味しいですよ。

「博多巻き」は大葉、ガリ、一味、アサツキ、しめた魚、この5つの材料のハーモニーが命ですので、ぜひどれも欠かさないように準備して作ってみてくださいね。

きっと病みつきになりますよ~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)